2018年2月25日日曜日

待遇の違いにいらだつ日々

なかなか、ポジティブに変換できない対応の違い。

あなたは仕事が出来るから…
なんて気やすめ本当にいらない。

私がチームに配属された時期は本当に忙しくて、
まともな研修も、検証も受けられないまま接客しなければならなかった。
更に、先輩達の雑用までこなさなくてはならなかった。
モニタリング期間もコンサル期間もほぼないに等しかった。
月間 45 時間の残業の合間に資格も取らなければいけなかった。

その後新人が迎え入れられたのだが、
研修期間が異常に長い。
私が 1 日も研修時間が実質ない中、新人さんは1ヶ月近く時間をとっていた。

そして、その悠々とある研修期間の合間、
先輩達の雑用をおこなっていたのは私。
モニタリングが長く、いまだにしっかりとしたサポートを受けている。

私は何か質問しても、自分で調べて。
過去の蓄積データから調べてわかる事ならいいが、
最近は何もないところから私が調べたり検証したりして答えを導き出している。
そうして導き出した回答もまた悠々と何もしない新人達が差も元々あるデータかのように新人達が対応している。

私の残業時間には誰もが無頓着なのに、
新人の昼休みや残業時間には妙に敏感だ。

みんな大変だから、良かれと思ってしてきた行動だが、
それが当然のこととして成り立っている。

嫌でも、犠牲になっているとしか思えない。







スポンサードリンク