2017年10月8日日曜日

ただ黙って受け入れるとは難しい…

会社の先輩に、不満があったらいつでも言ってね?
と言われたので、

先輩達のフォローでなかなか自分が勉強する時間が作れないこと。
勉強出来ないのに、対応案件だけがどんどん増えていく事。
コンサル出来る立場の人が、先輩達や後輩のコンサルで精一杯で、なかなか自分の時間を作って貰いにくい事。

を相談したかったのだが、

私の話は話している途中に遮られ、
教えて貰うシステムはそもそもない。
黙って言われた事をこなせ。という内容の事を言われた。

私の不満は一切、話さえ聞いて貰えなかったけれど、
先輩達の不満はたくさん聞かされた。
先輩達は、これで私のコンサルした気になっただろう。


今まで何度、こんな経験をしてきただろうか。


でも、今までと違って、今回は、人に相談してもかえってモヤっとする理由がハッキリわかった。
話を聞いて貰えないのに、勝手に私側の気持ちを想像され、
検討違いのアドバイスをされていたからだ。

今回の様に、自分達の不満ばかりを一方的に告げられていなかったとしても、
多分私は、自分の言いたい事を遮られた時点で、モヤっとしたと思う。


先輩達では、状況は変えられないのだろう。
私が、逆の立場で、私にどういう対応をして欲しかったかを考えてみた。

まず、話を聞いて欲しい。
状況を理解して欲しい。
一方的に決めつけないで欲しい。
要求をしてこないで欲しい。
本当は、先輩達がキチンと仕事を理解していたら、
私がキチンとコンサルの時間を作ってもらえる事をわかって欲しかった。
あなた達が不甲斐ないから、新人にゆっくり時間をかける余裕がないのに、
その上、あなた達の仕事のフォローまでしてるのに、
逆に不満を言われるってどういう事?
欲をいえば、私をこんな目に合わせておいて、謝って欲しいくらいだった。


だけれど、同時に、今回の事で、
私が最近悩んでいたテーマもわかった。

私は人を癒すやり方がわからなかったのだけれど、
まず、黙って聞いてあげればいいのか。
それに対して、わかった様な言葉もいらないんだな。

大きな収穫である。





スポンサードリンク