2016年9月11日日曜日

理解されない病気〜橋本病

私は橋本病という病気です。
橋本病というのは、甲状腺が異常をきたしており、
ホルモン代謝がうまくいかない病気です。

症状としては、とにかく疲れやすい。
ホルモン代謝がうまくいかないので、
不眠や鬱症状も出て来ます。

昔は難病指定されていたのですが、
薬での改善が見られる為に補助は無くなりました。

私の場合は軽めの橋本病です。
安静にしていればホルモン異常は治るために、
薬も出ず経過観察のみです。

今までは一年に一回の検査で大体7千円。
その他にも不眠の症状が出ている為に、毎月1500円の医療費がかかります。

今回、職場で体力がない為にシフトの修正をお願いします。
と、何度もお願いしたのですが、
全て却下。

今職場は多くの人間が辞め、新人ばかりの状態です。

私が入社した時は、まだ研修が明けていない3日目から強制的に電話を取らさせられていたのですが、
今の新人は、研修が終わって三ヶ月が経とうとしているのに、
まだ、1日1本ペースでしか電話をとっていません。

その負担は、私達ベテラン組が補います。
ベテラン組と言われていますが、
私はここに勤務して、まだ一年経っていません。

何故、こんなに待遇が違うの?というストレスと、
過剰なシフトからか
仕事中に両腕が痺れ始め、
めまいと吐き気に襲われ、
これはまずいと思い最近変わったばかりのマネージャーに早退させて欲しいと訴えると、

ただのストレスだろ。頑張れ。
と言われ、そういう状況じゃない、
病気なので悪化する前に早退させて欲しいと伝えると、
病気なら診断書持って来て。
と、。

その後、めまいと吐き気で意識朦朧とした状態でセンター長の所に連れていかれ、
自分の病気について説明。

やっと早退。


橋本病って、病名言っただけだと、何故か笑われるんですよね。
疲れやすい。って病状を説明しても、理解されない。

疲れが溜まると甲状腺が異常事態と認識して、
何故か自分のホルモンを敵と勘違いして破壊始める。
と説明して、やっと、難しい単語に反応してちょっとだけ理解して貰える。

病院へ行ったら、
ほとんどの数値が範囲外ではあるけれど、
甲状腺事態は通常の大きさという事で、半年の経過観察。
手の痺れや吐き気めまいは、
貧血で処理されました。

この仕事もキャパオーバーなのかな?

成績がいいのに残念だ。





スポンサードリンク