2017年5月8日月曜日

経理事務の格下げ

失業給付の認定日だった為にハローワークへ行って来ました。

一応6月から仕事は決まっているものの、
背伸びし過ぎたかも知れない仕事内容の為に、すぐ無職になる可能性が高いです。

その為、市場調査もして来ました。

検索していて感じたのは、経理事務の給与が随分安くなった。という事です。

一昔前は経理事務は地方でも18万は貰っていたのに、
今では16万まで下がってます。

それも、昔の様に経理事務専属ではなく、一般事務もさせられるみたい。
じゃあ、一般事務はというと、もう雑用だけやる様な一般事務の仕事は市場から姿を消した様です。

経理事務募集と名売って、その他の雑用はモチロンなのですが、
税務知識必須。な所まであります。

大企業でもなし、たかだか16万の月給に税務知識まで求められちゃうのなら、
私は経理事務の仕事はもう出来ないな。

前にもこういう求人見た事あるので、税務知識まで身につけた方でその安月給で働こうという奇特な人が実際にいるのだと思います。

そういえば、以前不動産で仕事をしていた時に、滞納のあげく破産していたのは税理士先生でした。
税理士があぶれているで経理事務員が格下げの扱いになるのは仕方ないと思います。

ただ給料が下がるだけならいいけれど、
あれもこれも、社内のありとあらゆる仕事をやって、ついでに営業なんかもしてるんだろうな。

なら、テクニカルサポートで電話番していた方が給与も高いし楽です。

今日ハローワークのお仕事も見てましたが、窓口の人も大変だな。
ずっと説明してて、納得して貰ったら次の人すぐ呼んでまた説明。

それなりに知識も必要だろうし、喉も痛くなっちゃいそう。
椅子も20年前のグレーの事務椅子で重そうだし座り心地も悪そう。

今大忙しのヤマトの時給も10年前と変わらず800円でした。

仕事の量と賃金が見合わないと思うけれども、やる人いるんだろうか。

仕事量と賃金があってないと感じる時は、その仕事が世の中から消える時なのかな。




スポンサードリンク