2016年8月13日土曜日

なかなか正しい事は出来ないよ。

お盆になると、戦時中の番組がが増えますね。
最近読んだ漫画の本は、
戦時中の人間魚雷。回天の話でした。




神風特攻隊にしても、回天にしても、
今なら考えられない話です。
自分の命を犠牲にして、他人の命を殺めるのですから、
もっとも非人道的な事です。

でもその当時は、それが正しいと洗脳されていた。

その時のその状況なら、
命令するがままにやってしまうんですよね。

私は貝になりたいという映画の主人公に同情した人は多いかも知れませんが、
本当に同情するべきは捕虜に成れば命は助かると信じて投降した捕虜の方です。


最近、映画見放題のオンデマンドで
人狼という映画もみました。



施設に閉じ込められた高校生達が、
強制で人狼ゲームをさせられて、
毎日人狼と怪しき人物を投票で決めて殺すか、
人狼側になった人間は村人チームに勝つために毎日一人づつ殺さなくてはいけない。

はじめは抵抗するけれど、やらないと自分が死ぬと思ったら、殺しあっちゃうんですね。


私の以前の会社の上司が、
横領ぽい事してたんですが、
はじめはよくわからず命令されるままにしていたんです。
途中からかなりグレーな事に気付いて、告発したら、
私がクビになりました。

今その会社にいる経理の人達は、命令されるままにグレーゾーンな経理の仕事を淡々とこなしています。
もし警察沙汰になったら、気づかなかったで、上手く立ち回るのでしょう。

今の会社も嘘の案内をする新人ばかり。
前回担当者の誤案内、修正しないで知らぬ存ぜぬ出来ないよ通そうかと思う事が何度もあります。
他人の間違い修正して正しい事教え直すのって、とても時間がかかるのです。

会社がそれを迎合する流れなら問題ないのですが、
事や各地にセンターがあり、時間短縮にセンターの存続がかかっているとなると、他人がついた嘘を修正する位なら、
さっさと切り上げて次の電話取って。

メーカーならまだしも、コールセンターの請負ですから逆にこれは正しいかも知れません。

自分の中では人道的ではなくても、上の意思がそれなんです。
零戦や回天に乗って敵艦に突っ込む事が自分が生かされる道なんです。


今日も私は他人の誤案内の修正に長々と時間を使っています。
私のやってる行動は、世間一般的には愚かで正しくはない選択かもしれません。

これで食いぶちがなくなっても、自分が正しいと思ってとった行動ですから、生き残る事は出来ないかも知れないけれど、

あるべき姿と自己利益で右往左往してしまいます。
まぁ、いいや。






スポンサードリンク